体の疲れを取るためのストレッチを途中でやめない挫折しないコツはキャプテン翼にある

体の疲れを取るためのストレッチを途中でやめない挫折しないコツはキャプテン翼にある

「ストレッチとマッサージがなんでキャプテン翼と関係あるんだ?」

「キャプテン翼はサッカーマンガだろストレッチとは関係ない!」

と思わず言いたくなります。

あなたがこれまでストレッチやマッサージを

継続したくてもできなかったのはモチベーションの維持の難しさにあります。

「モチベーションの維持とキャプテン翼ってなんの関係があるの?」

と思うかもしれません。

キャプテン翼を読んだことがあるひとならわかりますが、

主人公の大空翼は小さいころからサッカーが好きで、

将来はブラジルでサッカー選手になることを

すでに子供の時から持っていてプロのサッカー選手に

なることを目標に南葛小で明和小の日向小次郎を破り優勝、

中学校では東邦学園を破り優勝、

ワールドジュニアユースと言う国際大会でも

西ドイツを破り優勝してプロのサッカー選手になりました。

 

これは、プロのサッカー選手になるという目標の大きさとサッカーが好きと言う気持ちの維持があってこそできた結果です。

Gerhard G.によるPixabayからの画像

「俺は大空翼みたいな夢を持っていないから関係ない」

と思うかもしれません。

しかし、あなたがとても疲れているなら

モチベーションを維持するために

大きな夢を持つことは大事なのです。

私もそうですが、大きな夢を持たない、夢を持たなくても将来の目標がない生活では何をしてもモチベーションが維持できないのです。

Stefan KellerによるPixabayからの画像

それではどのような目標を立てればいいのか教えます。

自分なりの将来の目標、いまから1年後、3年後の目標を持つことがモチベーションの維持になる

あなたの現在の目標はありますか?

「生活するのがやっとでローンの支払いが

月5万円だし副業探したけど月5万どころか

教材払っただけでお金がかかるからやるにやれない」

Carabo SpainによるPixabayからの画像

と思いますよね。

今回はキャプテン翼というアニメに例えての

ストレッチやマッサージに対しるモチベーションの

維持と言う変則的な内容となりましたが、

現実の要素と非現実の要素の組み合わせで

目に見えない壁を乗り越える思考が手に入り

自分の生活に対するモチベーションが簡単に下がることはないでしょう。

基本月2万円単位の銀行が多いので、

私は北海道銀行で毎月2万円定期積立しています。

話が疲労回復の体の使い方にもどしますと

いまのあなたが最悪の状態「体の疲れがぬけない、

ローンを抱えている」あるいは「体の疲れが抜けない、

ローンはないけど貯金がない」人は

まずは1年後の目標としてストレッチとマッサージ、

呼吸で疲労回復させながら定期預金をする、

1年後になると体と心の疲れが取れ

お金の余裕もできさらに上の目標を目指せるからです。

「これじゃあ大空翼というより

キャプテン翼の脇役じゃないか」

「翼と言うより石崎じゃないか」そうです。

大空翼を最初から目標にするのは

壁が大きすぎてすぐ挫折してしまいますが、

石崎了なら身近な目標として

モチベーションの維持がしやすいのです。

私の1年後の目標は会社に雇われている

現在は 毎月の給料が月15から20万円で

それをネットビジネスで 毎月20万円

稼げるようになることです。

それは本業としてです。

それ以外の収入源として株式投資で

月20万円稼ぎ合計で毎月40万円を

目指しています。

株式投資に関しては 3年後にできればいいと思っています。

「元々、大空翼を目指すより石崎了の方が

自分らしい生き方ができる」そう思った方が

自分の人生の幸福度は高まるのです。

 

石崎了はガッツはあるけど目立った結果が出ていないそれでもモチベーションの維持(ガッツあるいは根性)で日本代表のDFとして定着できた、何をするにも大事なのはやる気の継続

石崎了は大空翼や日向小次郎のような

点を取るための選手ではないですし

守備専門ですが三杉淳や早田誠のような

攻撃的な守備と必殺シュートのある選手ではありません。

国際試合ではスペインのオリンピック準々決勝のドイツ戦で

アシストを上げましたが、これまでの実績はJリーグで

1得点とブラジル戦と西ドイツ戦で相手のパスやシュートを

顔面ブロックで防いだという印象が強いです。

グラウンド内の実績よりもグラウンド外の実績の方が

実は目立っています。ドイツ戦で大空翼と岬太郎の

合体シュートの完成を手伝い結果的に

ドイツ戦の2ゴールを上げる結果になりました。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

元々石崎了は大空翼が南葛小の最初の友達で

そこから翼とともに中学校と日本代表として

プレーしています。

小学校の大会では立花兄弟のツインシュートを

キーパーの森崎が防いだのをクリアーしようとして

オウンゴールを上げてしまいます。

しかし、自分の失敗を自分で取り戻そうとして

シュートしキーパーが防いだのを岬太郎が

シュートして同点数ゴールを上げたというアシストをしています。

自分の失敗を自分で成功に変えることの必要性を感じました。

私もこれまでの人生の失敗を成功に変える

自分の意志を常に持ち続けることを維持しています。

石崎了は数字には表れない存在感を

示している印象が強いです。

もし、私もこれまでの人生で特に数字による実績が

あるかと言ったら特にありません。

なので、あなたも数字による目立った実績が

なくても石崎了のように地道に努力をすれば

幸福度は自然と上がるのです。

Neil DodhiaによるPixabayからの画像

石崎了は大空翼というサッカー界のスーパースターに

くらいついて日本代表として活躍しました。

私ももっと高い目標にくらいつけるよう取り組みます。

大空翼が参考になるのは高い目標や夢を持つことだけではない実は自分のやっていることを好きになることが大事である

大空翼は子どものころからブラジルのプロのサッカー選手

という目標を持ちながらサッカーを続けました。

その一方でボールは友達を合言葉にサッカーを

好きになり途中でサッカーを辞めることなくプロのサッカー選手になりました。

私が言いたいのは自分がやらなればいけないことは

どうしても自分の好きなこととは反対のこと

である場合が多いです。ストレッチやマッサージが

めんどくさいと思う人も多いのではないでしょうか。

継続できないのはどうしても思考の問題が強いです。

大空翼のボールはともだちのように自分の体に

対してともだちと思えるかどうかが大事です。

自分の体が疲れていると嫌いだと思う気持ちになります。

Mario RenteriaによるPixabayからの画像

自分の体がともだちと思う気持ちになると

体に悪い生活習慣を変える意識が高まり

多少疲れても自分の体に対するセルフケアに

対する意識が低くなるということはなくなります。

大空翼がサッカーに対するモチベーション

の維持が継続できている理由は、プロのサッカー選手に

なる目標を上げているからモチベーションが高いだけでなく、

ボールはともだちという考え方があるからこそ

継続してサッカーに対するモチベーションが維持できるのです。

BessiによるPixabayからの画像

やらなければならないことを好きになるのは必要、でもどうしても嫌いなことがある、大空翼も実はサッカーの途中で嫌いなことをやっていた

やらなければいけないことを好きになる必要は

生活の上で非常に大切なことです。

しかし、どうしてもやりたくないと思うことがあります。

大空翼も実はサッカーをしている途中で

野球を一度だけやっていたことがあります。

翼はサッカーに熱中しすぎるあまりクラスの中なら

浮いた存在になってしまいおばあちゃんが

野球の試合に1度だけ出していました。

翼自身は仕方なく野球の試合にでましたが、

相手バッターのフライを取れず打席に

立っても空振りをして1回もバットに当たらない結果となりました。

Keith JohnstonによるPixabayからの画像

家に帰った後、おばあちゃんに泣きながらサッカーが

したいと言い野球はその1試合だけで終わり、サッカーを再開しました。

大空翼でも向いていることと向いていないことが

あるのがわかります。

私にもあなたにも向いていることと

向いていないことがあります。

そう考えるとどうしてもストレッチやマッサージが

合わないから辞めてもいいのかということになりますが

一般人、サラリーマン、フリーター、派遣の仕事を

している私たちは必要なのです。

疲れがたまると思わぬトラブルに巻き込まれる

ありえないけがや病気が起きてしまうそのために必要です。

大空翼もサッカーのプロになってからプロとして

初めて筋力トレーニングによる肉体的な訓練を行いました。

 

サッカーの動きとは別の動きですが、

プロのサッカー選手としての体力をつけるためです。

私たちはスポーツ選手ではないので

筋力トレーニングに時間を無理してかける必要がありませんが、

体の疲れを取って100%に近い状態で

仕事に臨める体制を整えないといけません。

今回はキャプテン翼というアニメに例えての

ストレッチやマッサージに対しるモチベーションの

維持と言う変則的な内容となりましたが、

現実の要素と非現実の要素の組み合わせで

目に見えない壁を乗り越える思考が手に入り

自分の生活に対するモチベーションが簡単に下がることはないでしょう。

私の場合は、副業をおすすめするかどうかと

言われたらおすすめしません。

理由はビジネスの場合は営業努力したから

会社に雇われているようにお金が確実に

もうかるとは限りませんし、投資も経費が

何十万円もかかり、損失出たらさらに

マイナスでいくら自動売買のシステムが

優秀でもシステムエラーを起こして

損失が軽く10万円は超えますし、

情報を買うやり方でも当たらない

投資で終わってしまいます。

なので単発でもいいのでア

ルバイトや派遣労働の方が

稼ぎやすいと言えます。

なので、現在のあなたの目標はローンの返済を

するためにアルバイトをすることです。

1年後にはローンを50%、

3年後にローンを100%減らすように

考えればいいのです。

「ローンはないけど貯金ができない」

という人も同じようにアルバイトを

しながらそのお金の半分は必ず定期預金することです。

ここで「定期預金は金利が少ないから儲からない」

というだけで定期預金を行わない人がいますが、

定期預金の目的はお金を使わないための手段と

して定期預金を行えばお金があなたの口座に増えていくからです。

基本月2万円単位の銀行が多いので、

私は北海道銀行で毎月2万円定期積立しています。

話が疲労回復の体の使い方にもどしますと

いまのあなたが最悪の状態「体の疲れがぬけない、

ローンを抱えている」あるいは「体の疲れが抜けない、

ローンはないけど貯金がない」人は

まずは1年後の目標としてストレッチとマッサージ、

呼吸で疲労回復させながら定期預金をする、

1年後になると体と心の疲れが取れ

お金の余裕もできさらに上の目標を目指せるからです。

「これじゃあ大空翼というより

キャプテン翼の脇役じゃないか」

「翼と言うより石崎じゃないか」そうです。

大空翼を最初から目標にするのは

壁が大きすぎてすぐ挫折してしまいますが、

石崎了なら身近な目標として

モチベーションの維持がしやすいのです。

私の1年後の目標は会社に雇われている

現在は 毎月の給料が月15から20万円で

それをネットビジネスで 毎月20万円

稼げるようになることです。

それは本業としてです。

それ以外の収入源として株式投資で

月20万円稼ぎ合計で毎月40万円を

目指しています。

株式投資に関しては 3年後にできればいいと思っています。

「元々、大空翼を目指すより石崎了の方が

自分らしい生き方ができる」そう思った方が

自分の人生の幸福度は高まるのです。

 

石崎了はガッツはあるけど目立った結果が出ていないそれでもモチベーションの維持(ガッツあるいは根性)で日本代表のDFとして定着できた、何をするにも大事なのはやる気の継続

石崎了は大空翼や日向小次郎のような

点を取るための選手ではないですし

守備専門ですが三杉淳や早田誠のような

攻撃的な守備と必殺シュートのある選手ではありません。

国際試合ではスペインのオリンピック準々決勝のドイツ戦で

アシストを上げましたが、これまでの実績はJリーグで

1得点とブラジル戦と西ドイツ戦で相手のパスやシュートを

顔面ブロックで防いだという印象が強いです。

グラウンド内の実績よりもグラウンド外の実績の方が

実は目立っています。ドイツ戦で大空翼と岬太郎の

合体シュートの完成を手伝い結果的に

ドイツ戦の2ゴールを上げる結果になりました。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

元々石崎了は大空翼が南葛小の最初の友達で

そこから翼とともに中学校と日本代表として

プレーしています。

小学校の大会では立花兄弟のツインシュートを

キーパーの森崎が防いだのをクリアーしようとして

オウンゴールを上げてしまいます。

しかし、自分の失敗を自分で取り戻そうとして

シュートしキーパーが防いだのを岬太郎が

シュートして同点数ゴールを上げたというアシストをしています。

自分の失敗を自分で成功に変えることの必要性を感じました。

私もこれまでの人生の失敗を成功に変える

自分の意志を常に持ち続けることを維持しています。

石崎了は数字には表れない存在感を

示している印象が強いです。

もし、私もこれまでの人生で特に数字による実績が

あるかと言ったら特にありません。

なので、あなたも数字による目立った実績が

なくても石崎了のように地道に努力をすれば

幸福度は自然と上がるのです。

Neil DodhiaによるPixabayからの画像

石崎了は大空翼というサッカー界のスーパースターに

くらいついて日本代表として活躍しました。

私ももっと高い目標にくらいつけるよう取り組みます。

大空翼が参考になるのは高い目標や夢を持つことだけではない実は自分のやっていることを好きになることが大事である

大空翼は子どものころからブラジルのプロのサッカー選手

という目標を持ちながらサッカーを続けました。

その一方でボールは友達を合言葉にサッカーを

好きになり途中でサッカーを辞めることなくプロのサッカー選手になりました。

私が言いたいのは自分がやらなればいけないことは

どうしても自分の好きなこととは反対のこと

である場合が多いです。ストレッチやマッサージが

めんどくさいと思う人も多いのではないでしょうか。

継続できないのはどうしても思考の問題が強いです。

大空翼のボールはともだちのように自分の体に

対してともだちと思えるかどうかが大事です。

自分の体が疲れていると嫌いだと思う気持ちになります。

Mario RenteriaによるPixabayからの画像

自分の体がともだちと思う気持ちになると

体に悪い生活習慣を変える意識が高まり

多少疲れても自分の体に対するセルフケアに

対する意識が低くなるということはなくなります。

大空翼がサッカーに対するモチベーション

の維持が継続できている理由は、プロのサッカー選手に

なる目標を上げているからモチベーションが高いだけでなく、

ボールはともだちという考え方があるからこそ

継続してサッカーに対するモチベーションが維持できるのです。

BessiによるPixabayからの画像

やらなければならないことを好きになるのは必要、でもどうしても嫌いなことがある、大空翼も実はサッカーの途中で嫌いなことをやっていた

やらなければいけないことを好きになる必要は

生活の上で非常に大切なことです。

しかし、どうしてもやりたくないと思うことがあります。

大空翼も実はサッカーをしている途中で

野球を一度だけやっていたことがあります。

翼はサッカーに熱中しすぎるあまりクラスの中なら

浮いた存在になってしまいおばあちゃんが

野球の試合に1度だけ出していました。

翼自身は仕方なく野球の試合にでましたが、

相手バッターのフライを取れず打席に

立っても空振りをして1回もバットに当たらない結果となりました。

Keith JohnstonによるPixabayからの画像

家に帰った後、おばあちゃんに泣きながらサッカーが

したいと言い野球はその1試合だけで終わり、サッカーを再開しました。

大空翼でも向いていることと向いていないことが

あるのがわかります。

私にもあなたにも向いていることと

向いていないことがあります。

そう考えるとどうしてもストレッチやマッサージが

合わないから辞めてもいいのかということになりますが

一般人、サラリーマン、フリーター、派遣の仕事を

している私たちは必要なのです。

疲れがたまると思わぬトラブルに巻き込まれる

ありえないけがや病気が起きてしまうそのために必要です。

大空翼もサッカーのプロになってからプロとして

初めて筋力トレーニングによる肉体的な訓練を行いました。

 

サッカーの動きとは別の動きですが、

プロのサッカー選手としての体力をつけるためです。

私たちはスポーツ選手ではないので

筋力トレーニングに時間を無理してかける必要がありませんが、

体の疲れを取って100%に近い状態で

仕事に臨める体制を整えないといけません。

今回はキャプテン翼というアニメに例えての

ストレッチやマッサージに対しるモチベーションの

維持と言う変則的な内容となりましたが、

現実の要素と非現実の要素の組み合わせで

目に見えない壁を乗り越える思考が手に入り

自分の生活に対するモチベーションが簡単に下がることはないでしょう。