コロナを乗り切る思考と行動

コロナを乗り切る思考と行動

「コロナを乗り切る方法って何かないのか」

「今は仕事があるけどいつ仕事がなくなるのかわからない」

「自分もコロナにかかってしまうんじゃないか」

コロナにかからない方法は体に悪いと思う食事をしない

必要最低限の運動はする感染するリスクがある

生活環境に関わらないことを継続するしかありません。

 

それとコロナを乗り超える方法というよりも

日本の経済の流れはコロナ以前から

物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを優先する社会に転換しているのです。

 

精神的な豊かさを手に入れるなら情報を遮断すること

あなたは物質的な豊かさがないと感じていますか?

おそらく精神的な豊かさよりも物質的な豊かさは

十分あるのではないでしょうか?

 

「物質的に豊かになったけど気持ちはなぜか疲れている」

私たちの脳と言うのは長い歴史の中で

すさまじい情報量を処理しています。

昔はスーパーファミコンの時代で

情報量がまだ少ない時代でしたが

今は情報があふれているぐらいあります。

 

ネットで稼げる時代と言われているのに、

あなたが今稼げないんだったら、

それはあなたの脳が疲れているので、

脳をリラックスしている状態にしないといけません。

 

あなたがスマホに時間を掛けるほど、

スマホをやっているのなら

非常に目が疲れているので心と体が悲鳴をあげています。

悲鳴をあげた心と体を休めるにはやっぱり寝るしかありません。

目を閉じるから目を使わず気持ちが落ち着くからです。

 

難しいことをやり続けているからこそ寝る意識はとても大事です。

難しいことを簡単にやるか難しいことをしない

それができる人は寝ることが簡単にできます。

コロナで自宅での生活をせざるを得ない時間が長くなっています。

会社に雇われている人たちは仕事をする時間や

環境が制限されています。

 

最悪の場合失業して家の中に1日中い続けるつもりはないのに

家のなかに1日中いないといけない時間がながくなることも

今後十分考えれらます。

 

むしろ、自宅でお金を稼ぐ環境ができれば会社に勤めなくても

いいんじゃないかと前向きに捉えたほうがいいです。

コロナだから感染しないためにどうすればいいのかを

考えてばかりだといずれ感染する危険があります。

 

それなら自分自身の環境を良くすることを

考えたほうがこれからのあなたの生活も精神的にも

肉体的にも楽になるからです。

いままでネットでお金を稼ぐ方法を探して実践したけど

上手くいかなかった人も別の視点を持てば

お金を稼ぐ可能性が高くなります。

 

私はしたことがありませんが家庭用ゲーム機

ニンテンドースイッチ関連の番買がコロナになってから

利益が85%も上がっています。

コロナになってから1年たちあつまれどうぶつの森が

3263万本も売れています。

 

私はコロナで自宅での生活をするとき勉強したり

仕事してもモチベーションが続きにくいので

あつ森は動物と関わるゲームでやっていくうちに

癒されやすいからハマった人も多いと思います。

あつ森に限らずマリオカートやリングフィットなどの

ゲームソフトもゲームをする機会を増やす要因になりました。

 

精神の時代は非現実の面白さに結び付く

同じ物質的な充実でも生活を楽しむことができるかどうか

人間の生活は現実的ですが、生活を楽しむことは必ずしも

現実のものがすべてとは限りません。

 

私も今は家庭用のゲーム機で遊ぶ機会はないですが、

親戚の子供が小学生になりゲーム機で遊ぶ機会も

増えました。

ゲーム機で遊ぶ時間が多くなると勉強する時間が減ったり

人との交流が少なくなる問題があります。

それでも現実的な生活とゲーム機で遊ぶ非現実的な生活

を組み合わせているからこそコロナ時代に対応できるのではないか

と私は思います。

 

桃太郎電鉄というゲームがありますが、このゲームは

全国の地名に関する言葉がありますので小学校の地理の勉強に

なります。

自分の住んでいる所は地名が覚えやすいですが、

自分の住んでいない場所の地名は覚えずらいことがあります。

桃鉄で遊ぶと地名を覚えやすくなり地理の勉強もしやすくなります。

昔と比べて今の学校の勉強も日常生活に結び付けようという

取り組むも行われています。

 

ゲームソフトもプログラミングによって作られていますので

プログラミング能力が必要になります。

小学校でもプログラミングの授業が設けられる時代になり

ゲームの需要も高まり、ゲームソフトの開発の仕事に憧れる

子供たちも増えています。

 

ゲームソフトのプログラミング言語も英語による組み合わせで

プログラムが存在しているので英語の勉強も欠かせません。

算数の公式もプログラムに応用される場合があります。

 

子供がゲームで遊ぶことは簡単でも、ゲームの開発は大人でも

難しいですが、どうしてゲームソフトが出来上がるのかという

疑問を持つことで自ら学ぶ機会も持てるようになるのではないでしょうか?

 

あるいはプログラミングの勉強に興味がなくても

好きなゲームソフトの絵を描くことで想像力が養われることもあるので

想像する力を身に着けるとともに知識も増えていきます。

 

あつ森の登場人物の絵を描きながら、自分が好きなキャラクターが

いるとしてどうして自分はこのキャラクターが好きなのか

作者がどうしてこのキャラクターを描いているのかを

考えるだけでも想像力が増えて行きます。

これが非現実的の世界ですけど現実の生活に結ぶことでもあります。

 

 

宝くじがコロナ対策になる

宝くじはコロナ前の2019年より2020年の売上は

約150億円上がりました。

コロナ不況に苦しむ地方財政のコロナ不況の対策として

宝くじが巣ごもり消費となり売り上げが伸びています。

 

コロナ失業した人達、失業の不安を感じている、収入が伸び悩んでいる

人たちも多いので宝くじの当選に期待する人も多いようです。

宝くじの他にロト6、ロト7、ナンバーズ3、ナンバーズ4なども

同じように売り上げが伸びています。

 

ただし、気をつけなければいけないことは宝くじが当たる情報に対して

お金をかけないことです。

宝くじで高額当選する目標が情報にお金をかけすぎて

さらに生活が苦しくなることは避けたいところです。

 

宝くじが当たる方法をさがすよりも、自分自身の金運を上げる

仕事運、健康運を上げることが必要です。

金運、仕事運、健康運はそれぞれ関連しています。

 

私は健康運はストレッチ、マッサージ、筋トレを日常的に行い

仕事運は週5日病気で休まず働く、金運はお金は有効に使うことを

日々心がけながら生活しています。

特別な方法は全くしていないわけではありませんが、

宝くじを当てることに執着をしないようにしています。

元々外れて当たり前の世界ですし、宝くじの存在の本質は

税収を増やすことです。

 

当たる人よりも外れる人がいなければ税収は当然増えませんので

コロナになって宝くじの売り上げが伸びるほど

税収は増える仕組みなのです。

なので私は宝くじのノウハウを知ることよりも

自分自身が金運の高い体質になることが必要だと考えています。

 

宝くじで1億当たるのは非現実だと思いますよね?

そうです、宝くじで1億当たるのは非現実的です。

本当に言いたいのは宝くじに当たらなくて当たり前ではなく

面白いあるいは夢があると言うのは非現実なことが多いと言うことです。

夢があるというのは宝くじで1億当てること、

面白いというのはニンテンドースイッチ関連のゲームをすること

宝くじとゲームいずれも非現実的であることがわかりますよね?

 

私も小学生の時は学校の授業が終わり、

家でファミコンをするのが日常的にありまいた。

無意識のうちに非現実的な世界に浸っていたのです。

今になってやっと気づいたのですが、

非現実の世界に吸い込まれていたという感じもありました。

現実的なことをし続けないと生活ができないのは当然ですが、

自分の世界つまり非現実の世界を作る思考と行動も

自分のために生きる人生として必要だと思いました。

 

本質への理解が思考と行動につながる

お金を稼いでいる人の共通点は、会社経営者、投資家は自分の世界というのを

作り出しています。

現実の世界が低い次元とすれば宇宙の次元が高次元とします。

経営者や投資家はサラリーマン社会で生きている人たちからすれば

考える次元が違うので宇宙人と思っている傾向が強いです。

宇宙人のようなというところに共通するのは

言い変えれば考え方の次元が高い宇宙意識があるというのと

一緒です。

次元が低い生き方が悪い、次元が高い生き方が良いという単純な

ことではありませんが、自分のために生きる時間を持ちたいなら

次元を上昇させる生き方をしないと他人のための生活をする時間しか

過ごせなくなります。

 

次元の高い生き方をするためには学びを続けることが必要です。

しかし、学ぶことも大事ですが人間の生活は常にお金が

必要ということは嫌というほど知っているでしょう。

ネットで副業で稼ぐ情報を探したり、金運が上がる方法を探す人が

コロナになってから大きく増えています。

私は過去に100冊以上副業で稼ぐ方法と金運アップの方法について

本を読みましたが、100冊の本を読むよりも1冊の教材を

使って日々実践を繰り返すことが一番効果があるということに

気づきました。

教材名は

YouTubeで150万回再生! 3週間で303万円を引き寄せた

奇跡の金運術・財布マジックマニュアル完全版 です。

この教材をおすすめする理由

YouTubeで150万回再生! 3週間で303万円を引き寄せた

奇跡の金運術・財布マジックマニュアル完全版

3週間で300万円も引き寄せた金運述。財布マジックと書いてあるから

魔法のようなノウハウと思いがちですが

実際こちらのサイトを見ると普段使っている財布を利用して

紙に金運アップする言葉を描いて紙に貼るというシンプルな方法です。

私がおすすめする言葉は「年金、税金で払ったお金は必ず自分の所に

返ってくる」です。

このように財布のなかに神に文字を書いて両面テープで

貼るだけです。

あなたが金運を上げる言葉を書くコツは「金運が上がりそう」な言葉を

いくつか考えて書くことです。1週間ずつ試して上がってきたら

そのまま同じ言葉を財布に貼ってください。

財布に髪を貼ることは金運アップばかりとらわれがちですが、

財布に前向きなことばを書くだけで仕事や健康運も自然と上がります。

いままでお金、仕事、健康に関するノウハウを探していたけど

実践しても上手くいかなかったことってありませんか?

共通することは次のことが挙げられます。

思考と行動の結果は前向きになるかどうかで決まる

「お金はいくらでも入るよね?」と言われたらそうだと言えるか?

そうだと言えればあなたの気持ちは大きく前向きになります。

あなたがに限らず私も世の中の人すべてが疲れたあるいは

お金ないなあと思っています。

「そんなの当たり前だろ」とおっしゃる。

人間は無意識のうちに考えていること、信じていることを

引き寄せてしまいます。

私たちはお金がほしいと思いながら、心のどこかでお金が欲しくないと

思ってしまいます。

お金が無くなる不安と恐怖を感じるのは、お金が入ると信じていないから、

財府に前向きな言葉を紙に書いて貼るのは効果があるんだと

思わないと金運アップにならないのです。

また、金運アップのコツは入ったお金の金額にこだわり過ぎないことです。

どんな金額でもよろこぶことがこれからの生活で金運アップの黄河が上がります。

金運アップはお金がいくら入るかに焦点が行きますが、

健康運、仕事運も金運が上がった気持ちになれば金運も上がっていきます。

金運アップをするための努力に無駄はありません。

なぜなら時間が経つにつれて金運、仕事健康、生活全般の運気が上昇するメリットしか

ないからです。

家に帰ってスマホを見る時間を取っているならストレッチで疲労を取って、

今の生活でお金がいくら必要なのか、なぜお金は稼いでも少ないと感じるのか

無駄に使っているお金がないのかをまずは見直してみることです。

あなたが、お金が欲しい、お金をためたいと思うなら

こちらのサイトをみることです。