2021年5月から金運アップで切る方法

2021年5月から金運アップで切る方法

1番金運アップできる方法は財布マジックを使うことです。

財布マジックとは、普段お使いの財布を、最強の金運アイテムに育てるテクニックのことです。

具体的には、財布にお金の不安を取り除く言葉を貼ることで引き寄せの法則を発動させて、お金に愛されるようになるというワザです。

このワザを発見したのは、偶然でした。

村上春樹さんの小説を読んでいたところ、「金はいくらでもある」というセリフが気にかかり、それを財布に貼ってみたところから始まりました。

すると、急に仕事が入ったり、ガラクタがヤフオクで売れたりと、10万円以上のお金が1か月くらいで入って来ました。

そこで、このワザの効果を確かめるため、周囲の人たちに財布に『金はいくらでもある』と書いて貼ってくれるように頼んだんです。

そうしたら、そのうちのお一人の方が、

「金はいくらでもある」では空々しいという理由で、

「お金はいくらでも入ってくるし~☆」

とアレンジして神に書いて財布の中に貼ってみたところ、私もナンバーズ4で200円が4万円になりました。

そこから私は、

「人によって貼り付けるべき言葉が違う」

ということに気づき、研究を始めたことにより財布マジックは生み出されました。

ウソのような報告例が多数寄せられる

お願いしたことはふたつ。

自分なりに、お金の不安が消えて空々しくない言葉を考えること。

そして、その言葉を、財布内側の見える場所(支払い時)に貼り付けることです。

そうすると、あっという間に、様々な報告をもらいました。

例えば、

・仕事が忙しく、泣く泣く28万円かけて会社の近くのアパートに引っ越すハメに。ところが財布マジックを始めたとたん会社が臨時ボーナスを支給。その額ぴったり28万円。

・財布マジックを始めたら、なぜか会社の上司が辞職。自分にお鉢が回ってきて昇給・昇格。

・夫から「今年はボーナス出ないみたいだよ」と言われていた主婦。

ところが実際はボーナスが出たどころか去年より5万円多かったそう。

・競馬で万馬券連発。瞬く間に50万円稼ぐ。

・息子二人の進学で総額400万円が必要になったシングルマザー。困っていたらアメリカで働いていた兄が何故か帰国。何にも言ってないのに400万円くれる。

・仕事がない貧乏セミナー講師。なぜか急に主催のセミナーがキャンセル待ちになるくらい大人気になり仕事が激増。電車賃にも事欠いていたのが、インターコンチネンタルホテルでランチをとれるくらいになる。

・とある自営業者の方。口座がカラになり、14万円の支払いができなくなるというピンチに。ところがなぜか2週間後に支払われるはずのお金が前倒しで支払われ事なきを得る。そのお金、ぴったり14万円。

・くじ運の「く」の字もなかった方。数万円の支払いに困っていたら、なぜだか4回連続でロト6が当選(4等2回、5等2回)。そのお金で無事支払いを済ませられる。

・整骨院を経営の方。財布マジックを始めたら売り上げがおよそ2倍になる。

・なぜか突然お金に対する感謝の念が生まれた。それに気づいた数日後、会社の人事システムの変更が発表され、年収が200万円ほど上がることがわかった。

・財布マジックは始めた翌日、理由はよくわからないが、ご主人さんが10万円くれる。不思議に思っていたら、翌週も10万円くれる。長年一緒に暮らしてきたけど、こんなことは今まで一度もなかったのに・・・。

・とある病気で入院するハメに。退院するときの支払いにおののいていたら、降ってわいたように25万円ゲット。病院代を払ったのちお釣りがくる。

・仕事を辞めバイト生活に。貯金が少なくなり焦り始めたころ、信じてなかった財布マジックを試しにやってみたらその30分後、銀行に行ったらよくわからない補助金が数十万円振り込まれていた。

・親が新築の一軒家をプレゼントしてくれた。

などなど、これらはほんの一例ですが、こういう報告が相次ぎました。

私みたいにナンバーズで4万円当てたい人はこちら