コロナで苦しんでいる飲食店こそアフィリをするべき

コロナで苦しんでいる飲食店こそアフィリをするべき

緊急事態宣言にまん延防止で飲食店とくにアルコール類の飲み物を提供している飲食店は苦境にたたされています。

[ただでさえ苦しいのにもっと苦しくなった]と働く時間が制限されているため、収入が大きく下がっている飲食店が多くなっています。

「このまま、耐えるだけだと生活がますます苦しくなっていく、国の支援に依存してばかりもいられない、これからどうすればいいのか」と考えている飲食店経営者はたくさんいます。

私はアフィリエイトをしながら気づいたのですが、飲食店を運営しているあるいは飲食店で働いているけど働く時間が減ってしまった飲食店経営者あるいは飲食店で仕事をしている従業員はアフィリエイトで収入源を作る方がいいんじゃないかと思いました。

「アフィリエイトをすすめられても、具体的に何をすればいいのかわからないし、何を売ればいいのかわからない」と悩んでしまいますよね。

今、ブログを扱っているあるいはホームページがあるならアフィリエイトは可能です。(ブログの場合はワードプレスのような有料ブログではないと商品を販売できない場合があり)

売る商品は食品関連のアフィリエイト商品が多いので売る商品がないということは悩まなくなります。

たとえば1年中売ることができるメロンがあります。

篤農オフィシャルショップで贈り物に最適なマスクメロンを注文する【一果相伝】

「うちは果物を扱わないし打ったことないからメロンを売るのは無理だよ」と引いてしまいますよね。

確かに、普段果物を売っている仕入れているお店と比べて果物を仕入れたり売ることがない飲食店は、他の会社の商品を受け入れるのは難しいかもしれません。

しかし、ライバルがやっていないことをするのことで、少なくなっている収入のカバーをするのに有効です。

「メロンだったらすでにメロンを専門的に売っている業者が多いから競争が激しくて大変でしょ?」と思いますが、メロンは基本的に期間限定なので一果相伝のサイトのメロンは1年中売っているので、まだ、参入している業者は少ないので、収入を増やす絶好の機会でもあります。

「本当にアフィリエイトで収入が減った分をカバーできるの?」、ネット販売をする飲食店は増えていますが、店舗運営している飲食店がネット販売するのはサイトを訪問する人にとってとても信頼度があるのでむしろ店舗運営をしている飲食店こそネット販売を始めるメリットが大きいです。

「でも、ネット販売はすぐに売れるわけじゃやないでしょ?」確かにネット上での集客の成果は時間がかかりますが、コロナがいつ収まるのかわからないことを考えれば今からネット販売に時間を掛けると3ヶ月後、6ヶ月後、1年後には新しい働き方、新しい生活様式が生まれますので、全く行動しないで時間が経つよりも何か行動をして状況を変える生活をしたほうが今後の生活に対する不安を感じなくで済みます。

働く時間が短くなるほどアフィリエイトをする理由

「ネット販売はしたいけど新規のお客さんを取れるかどうか不安だ」と思いますよね。でも、最初に言ったようにすでに店舗運営を1年でもしていたらホームページで宣伝する時に、店舗運営した年数分実績があるのでそれだけでもサイトを訪問する人に対して信頼性があります。

なので、ネット販売は積極てきに行っていくのが大事です。また、アフィリエイトをすることは収入源を増やすだけがメリットではありません。自分の販売したい商品が売れるということは新たな顧客を見つけることであり、アフィリエイト専用のサイトでなくても飲食店独自で作ったサイト、現在持っているサイトを利用しておすすめの食品を販売する方法はコロナ後の売上が減った分コロナ前の売上を戻す可能性も上がります。

「コロナで減った売り上げを取り戻すのは大変だよ・・・」

確かに、コロナによって減った売り上げを取り戻すのは相当大変なことです。しかし、コロナを機に新たな働き方を見つけるチャンスであり、見つけなければいけない時代にもなってしまいました。

それと、コロナがいつ収まるのか、コロナが収まっても今まで来たお客さんがまた来るのか、そのお客さんのコロナのような社会現象があれば今と同じような苦しみあるいは以上の苦しみを味わうことになってしまうという不安があります。

飲食店経営者がアフィリエイトをすることは想像つかないので、アフィリエイトをすることは躊躇してしまいます。それでも、とくに従業員を雇っている飲食店がアフィリエイトによる食品の販売をするのは人数が多い分有効です。

「うちは夫婦だけで店を切り盛りしているから人数的に不利なのか?」と思う経営者もいますけど、作業する量は、授業員を多く雇っているお店の方が、有利なのは確かです。

その一方で、従業員を多く雇っているお店はその分、たくさん給料を払わなければいけない分、作業の負担も大きくなるので、夫婦のみでお店を切り盛りしている、一人で経営しているお店が不利なのかと言えば、目標にする売上や収入が別の方向なので競争に巻き込まれない方法を選ぶことで結果が良くなります。

篤農オフィシャルショップで贈り物に最適なマスクメロンのサイトは、メロンを売ってい業者が売る方が実際メロンを扱っているので売りやすいですが、飲食店を運営しているあるいは従業員として仕事をしている方たちなら食品を売れる可能性はあるのではないでしょうか?

逆にメロンを売る側ではなく食べる側でも実際買った商品を知っていることだからその商品を売る可能性が高いです。

アフィリエイトはお店のブランディングにもなる

アフィリエイトは自分のお店以外の商品を売るので、売るのに慣れない所があるので売ることが難しいところがあります。

それでも、売れるようになれば、売り上げが上がるのと同時にネットの世界でお店の知名度が上がりブランドイメージが出来上がります。

それまでは店舗に来たお客さんのみそのお店の存在を知っている状態ですが、インターネットでお店の存在を知ることでコロナで外出自粛と同時に外食も自粛せざるを得ない状況でも巣ごもり需要として売り上げが伸びて行く可能性が高くなります。

私が知る限りでは、特に個人または従業員が少人数で運営しているお店はまだまだ、ネットの力を利用したほうが売れる可能性があると思います。

それは、ホームページを開設していない店舗が多いのでまだ、ネットで売上を伸ばす可能性がありますし、巣ごもり需要はコロナがいつ収まるのかわからないからこそ大きく伸びる一方なのでネット販売は行う方がメリットがあります。

今回の話は、店舗運営している人に向けた記事の書き方になっていますが、実は飲食店で働いている従業員の方たちにもアフィリエイトで収入を増やす方法をお勧めしています。

アフィリエイトに参入している人たちは、たくさんいますが実際継続してアフィリエイトをしている人達は1年以上過ぎると9割は稼げないから辞めてしまします。

「そんなに難しいなら最初からやらないほうがいいんじゃないの?」と言いたくなりますよね。

でも、それには大きな原因があります。

それは、アフィリエイトで失敗した人の特徴は、頑張ってブログを書いているけどそのブログを1年を通して継続して書いているのに稼げない人達に言えるのはブランドがないからです。

「それじゃあ有名にならないと売れないのか?」と言いたくなりますよね。

有名になれば売れる可能性が高くなりますが、有名でなくても信頼と実績があれば、商品は売れる可能性があります。

1年を通してブログを書いたけど商品が売れないから辞めた人達は、実績に特徴がなかったので、信頼度も上がらず売れないまま時間が過ぎてしまい結果的に辞めてしまったのです。

しかし、飲食店で働いている方たちは、どの食品が売れたのか、お客さんが継続して注文したメニューはどんなメニューだったのかが感覚的にわかります。

もし、あなたが飲食店の従業員であり将来独立したいあるいは会社に依存しないで収入を得たいならアフィリエイトのサイトを運営することも視野に入れたほうが良いです。

会社に依存しなくても生活に困らないですし、食品を利用したサイト運営ができれば、飲食店の仕事が再開した時にお客さんがどうしたらコロナ前のように来客するようになるのか、アフィリエイトを行うことで集客の経験を積むことができるので、リアル店舗でもネット販売の経験が活かせるようになるのです。

逆にお客さんが飲食に対する不満もリアルに体験しているので、サイトを作る際にお客さんのニーズに合わせた文章を書く方法が飲食店の実績を活かすことでアフィリエイトで収入を得る可能性が高くなります。

また、自分のお店以外の商品を売るだけでは収入源が1つしかなかったのに収入源が2つになった、生活が楽になった、従業員の給料について悩まなくなった、そんなメリットがあるのです。

たとえば、月1万円しか収入にならなかった商品でも、逆に1つの商品で1万円も売れたと考えれば、10個で月10万円も売れて収入になると前向きに考えることができます。

あなたの経営している飲食店のメニューは全部でいくつありますか?10種類ですかあるいはそれ以上ですか?

そのメニューの売上と比較するとアフィリエイトで売った商品1つにつき月1万円なら大きなメリットがあるのではないでしょうか?

むしろ、食品関係はさまざまな食べ物の組み合わせで料理が成り立つので、商品が多いほうが効率よくアフィリエイトで稼げるようになるのです。

食品アフィリは売る商品が多いほど有利

お店に入る人もいろんなメニューが合った方が再びお店に入りやすくなりますよね?

なので、商品は10個、20個、30個とある方がいいのです。

ここまで、それなりに長い文章でお話ししましたが、ブログを始めたけど時間がなくてできなかった、これから時間があるからブログをもっと書こうかなという気持ちになりましたか?

ブログを書こうという気持ちになればこれから情報を次々と配信していきましょう。

飲食店経営はお店に来てもらわないと収入にならないから、どうしてもお店に来たもらうお店に来てもらうために広告にお金を掛ける習慣があります。

これからは広告にお金を掛けるよりもアフィリエイト広告を利用してお金を稼ぐことにシフトしてこれまでかかった経費を減らして売上を伸ばしながら利益を上げる手法を取ればこれからの生活はコロナ前よりも良い生活ができる可能性が高くなります。

私は飲食店で個人で経営している、夫婦で経営している、従業員を雇いながら経営しているあるいは従業員として雇われている人たち全員に言えることはアフィリエイトをやり始めるときに上手くいくコツの1つとしてアフィリエイトのサイトを一人で作るのが大変だと思う人は、競争できる相手を一人でもいいので作ったほうがいいです。

例えばドラゴン桜というドラマでは東大に進学するためのコースに入った当初は東大どころか大学に入るのは不可能と言われるぐらいの生徒が4人入りました。

結果的に数週間で学力が大きく上がり東大に入れるぐらいの成績を残せるようになりました。

なぜそれができたのか?それは4人で勉強したア内容をシェアし合ったからです。

4人でシェアし合うので勉強の知識が1人分から4人ぶんになり、知識が4倍となったからです。

アフィリエイトでも1人よりも2人3人とサイトの売上を競争し合う人がいれば、情報をシェアできますし、どんな商品が売れたのかどんな内容のサイトでアクセス数が増えたのか、情報をシェアし合うことを積み重ねることで結果がついていきます。

同じ仕事をしていると競争相手は敵としか見ていません。

しかし、コロナのさなかに競争相手を敵として見ている場合ではありません。

自分と関わっている人たち全員がコロナ対策それはコロナで失った仕事をほかの方法で変えていくあるいは補うことが必要なのです。

むしろ昨日の敵は今日の友であれば自分の人生のアドバンテージになりますし、令和大不況を乗り越えるためにも新しい働き方を改革しなければなりません。

それと、競争と言っても潰しあいは避けてお互いを高める意味での競争をすることがこれからの時代、これからの生活に大きな影響を与えます。