日常生活のマスクの肌荒れを美顔マスクで解消

日常生活のマスクの肌荒れを美顔マスクで解消

コロナになってからマスクを着用する人がほぼ全員と言っていいぐらい増えています。

マスクをつける時間が長いほど肌荒れ、かゆみ、息苦しさを感じている人も多いです。

どうすればマスクによる肌の調子が悪くなるのを避けることができるのか?

マスクによる肌荒れの理由って何か?

マスクの肌荒れの原因

マスクをつけたり外したりすると、肌とマスクの繊維がこすれる回数が増えます。肌とマスクの繊維がこする回数が多いと、肌の表面が削られることで、肌が荒れやすくなり、肌の機能が低下します。

マスクは呼気が充満するので、温度・湿度が高くなり、雑菌が繁殖しやすい状態になります。6月以降になれば汗や皮膚も増えるので、にきびや吹き出物もできやすくなります。

マスクを長時間つけるとアクネ菌という物質が発生していることもにきびや吹き出物が出ている理由となります。

私もマスクを1日10時間ほど平日はつける機会がありますが、肌の劣化に対する不安を感じます。

逆にマスクを外すと、内部の湿気が急激に蒸散してしまいます。このとき肌内部の水分も奪われるので、肌の感想がすすんで、かさつき・ごわつきが起こりやすくなります。

マスクの着脱によって、肌がマスクの素材に負けてしまい、肌荒れが起きやすくなるので、マスクを洗っている人もたくさんいます。

しかし、マスクを洗う際に繊維に残った洗剤の成分がマスクについているので、そのマスクについている洗剤の成分によって肌荒れも起きやすくなります。

マスクの着脱による肌荒れを防ぐ方法

マスクを使って肌が荒れてしまう時は毎日のスキンケアが必要になります。

マスクを長時間つけているとマスクが肌に隠れるからということで、肌に対するケアを気にしなくなることがあります。

マスクで顔があまり汚れていないからスキンケアをしなくていいと思ってしまうので、スキンケアを無意識にしなくなることがあります。

しかし、マスクを付けているので肌のバリア機能が低下しています。肌のバリア機能が低下しているので、余計に肌が荒れやすくなります。帰宅したら肌の汚れを水またはお湯で洗い落として、肌をきれいにする必要があります。

そして、あまり刺激が大きくない化粧水や乳液を使って保湿ケアを行います。角質のうるおいバリアを保つ必要がなります。

マスクの着脱によって触れるほおや華、あご、耳の後ろは、赤くなります。ほおや華、あご、耳の後ろは、ワセリンを塗るのもおすすめです。ワセリンには肌の表面に保護膜をつくることで、外からの刺激をやわらげる効果があります。

マスクを使う時間が長くなると、雑菌が繁殖しやすくなります。マスク内の汗はティッシュなどで拭き取りをします。マスクは使い捨ての場合は日替わりで使用しないと繁殖が起きやすくなります。

マスクの天然素材で麺ガーゼやシルクなどの天然素材は、肌辺りがソフトで吸湿性もあるので試してみるといいです。また、不繊布マスクが肌に合わない場合、がーえやコットンなどのやわらかい素材を肌との間にはさむのもお勧めです。

マスクによる肌荒れは他にもあります

夏になると紫外線が増えるので日焼けによるリスクもあります。肌にマスクの跡が残ってしまうので、外出する時は顔全体二日焼け止めを塗ることが大事です。

日焼けした場合は、濡れタオルなどで十分に冷やします。ほてりがしずまらない場合は、

美白有効成分のスキンケア化粧品などを塗るとよいです。

耳への食い込みよる痛みもマスクのゴムによってあります。耳にかけずにゴムを足して頭の後ろで結ぶなどの工夫を取り入れる必要があります。

マスクによる刺激を頻繁に受け入れると、口の周りが赤くなり、湿疹、かゆみ、ヒリヒリ感などが強くなります。

これらの症状には血流の問題があります。

顔のマッサージで血流を良くして肌荒れをなくす

血流の問題は自分の手でリンパマッサージをする必要があります。

リンパマッサージと言っても3分でできます。それだけでも肌荒れやむくみ、シミ、シワたるみなどの肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

顔の血液の流れが良くなると、免疫力も高くなります。美容にも健康にも良いリンパマッサージを自分で試してみましょう。

リンパは常に流れているので、日ごろからこまめにマッサージをして、肌荒れの原因となる老廃物を溜めないことが何より大事です。ぜひやってみてください。

また、マッサージによって、リンパや血液の流れを促進すれば、老廃物の排出が進み、栄養や酵素が細胞のすみずみまで行きわたるようになり、肌が活性化することが期待できるからです。

リンパは静脈に沿って体中に編みの目のように走っていて、常に老廃物を回収しながら体の中をゆっくり流れていますが、血管に対する心臓のような大きなパンプ機能がないので滞りがちです。

1回3分、1日1~3回までの優しいマッサージで、リンパの流れを助けてあげましょう。

顔周りの重要なリンパ節は、耳下腺、あご下腺、鎖骨にあります。

リンパマッサージをするときは、リンパの流れにそって、顔の中央から左右の耳下腺、あご下腺へ流し、そのまま首へ下ろして、鎖骨まで持っていくのが基本になります。

リンパが全身をめぐって最後に静脈と合流する静脈角が、左右の鎖骨の下にあるからです。

静脈核を出口として、しっかり老廃物を流すイメージを持ちながらリンパマッサージを行います。

耳に両手の人差し指と中指をV字に開いて、その間に耳をはさみ、上下に10回こすります。

両手で耳たぶをつかみ、10回下にひっぱります。

両手で耳の横をつかみ、10回横にひっぱります。

そのまま耳をぐるぐる10回回します。

頭をほぐす、両手の指の腹をこめかみに置き、ぐるぐる10回まわします。

そのままぐるぐる回しながら、つむじのほうに向かって、逃避をほぐします。

おすすめの顔のマッサージは肌荒れが消えて、顔が小さく、ラインはすっきり、目鼻立ちもクッキリしてくる効果が期待できます。

両手をあごの先端に置き、左右の耳の前まで10回さすりあげます。

両手を口の脇に置き、左右の耳の前まで10回さすり上げます。

人差し指と中指を小さい鼻の脇に置き、ほお骨のしたを通って左右の耳の前まで10回さすります。

人差し指と中指を目頭の下に置き、目の下を通ってこめかみまで優しく5回さすりあげます。

人差し指と中指を目頭の上に置き、まぶらを通ってこめかみまで優しく5回さすります。

両手をおでこの中央に置き、こめかみまで10回さすります。

両手をこめかみに置き、耳の前から耳の下を通って、鎖骨まで10回さすります。

高価は早くても1週間、遅くても1ヶ月ぐらいで効果を実感します。

リンパマッサージを続けるとマスクによる肌荒れも消えていきますので、毎日、続けてみて下さい。

効果が出るのが遅い人は、暴飲暴食、深酒などをしていないか振り返ります。内臓の疲れが顔に出やすいからです。

顔のリンパマッサージをしながら肌荒れの効果を維持するために顔を美しくするマスクもあります。

韓国で大人気の美顔マスクが日本初上陸!【セルリターンLEDマスクプレミアム】