資格の勉強は今の時代でも意味がある、世の中のルールで唯一の平等だから

資格の勉強は今の時代でも意味がある、世の中のルールで唯一の平等だから

コロナになり令和大不況と言われるほど未曾有の時代になっています。

学歴や資格の勉強は意味がないのかとつい思ってしまいます。

しかし、最近渋沢栄一が話題になっていたり、ドラゴン桜というドラマが

放送されています。

渋沢栄一は500社分の事業に関わっていました。幼少の頃は論語を学び学問に精通していました。

ドラゴン桜の桜木弁護士は世の中で唯一一般人が努力で這い上がれるルールは勉強だだから同大に行けと言います。

すでに社会人になっている人には東大受験、大学受験の勉強の機会はないですが、勉強をする必要があります。

私はお勧めする資格の勉強はITパスポートです。


Photo MixによるPixabayからの画像

テレワーク時代はITと経営を学ぶ必要がある

ITパスポートは企業活動や経営管理、経営戦略、情報システムを学ぶことができます。すべての業界において企業活動、経営管理、経営戦略がないと会社経営は成り立たないですし、会社に雇われている人たちも仕事を継続するのが難しくなります。

情報システムはITに関連しますが、会社経営とともにIT技術もすべての業界で欠かせない要素となっています。

企業活動、経営管理、経営戦略、情報システムは実際、仕事の経験によって何のために必要かがわかります。しかし、ITパスポートの学習を通じて、ITと経営の知識を取り入れると、これからの時代に必要な働き方も見えてきます。

ITパスポートにある専門用語は意外と経営と同時に起業の経済状況を知ることもできます。景気が悪くなると何をしても結果がでないから学ぶことをやめてしまう人達がたくさんいます。

その中であなたが学ぶことをし続ければあなたが時代の先を行く存在になり、自分の人生に対する不安がなくなり、学ぶことが多くなるほどあなたの人生をより豊かにします。

私も学生の時に別の資格を取りましたがその時は、知識を詰め込むながら試験に合格したのがやっとだったので、実際の仕事に活かすことができませんでした。

しかし、改めて、資格の勉強は仕事と将来的に人生を豊かにするためのツールだと気づくようになり現在ITパスポートの勉強をしています。

特に

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

は、専門的なITの仕事に就いている人だけでなく、これからAIの普及によってAIを駆使できる人材にならないと時代に取り残されてしまいます。

Udemyは、日本に限らず世界に通用するITの技術、知識を学べる環境です。

「別に海外で仕事するわけじゃないから」とあなたは思いますよね?

しかし、日本でこれからも仕事をするにしても、今の仕事を継続して存在するかどうかは時代の変化によってなくなる可能性もあります。なぜなら、技術の進化は日本の場合、米国に対して常に追いつくように日々技術革新をしているから、ITの学習は避けて通れないのです。

むしろ日本は欧米どころかアジアで取り残されている

日本のIT技術は欧米に追い付いているとは言い切れないです。

「でもアジアでは上位3か国に入っているでしょ?」と思いますが、中国、インドと比べても劣っている点はありますし、マレーシア、シンガポール、韓国と比べても日本の方が上とは言い切れない所はあります。

日本の大企業がアジアに進出することを象徴するように、日本はIT大国とも言いきれません、このままでは海外に日本は乗っ取られるぐらいの危機感がないといけません。

そのためにも学びが必要です。学んで世の中のルールを自分で決める、自分の人生のルールを自分で決める、それぐらいの気概がないとこれからの時代を乗り越えることはできないのです。

コロナで外出自粛が叫ばれているからこそ、家で学ぶチャンスなのです。

10年前まではITはシステムエンジニアやプログラマーが学ぶものだというのが常識でしたが、これからは日本人全員がITを学ぶぐらいでないと世界経済には追いつかないのです。

「でも自分は40代だからITの専門分野に関わっても意味ないでしょ?」と言いたるでしょう。

あなたが40代、これから50代になると考えた時、システムエンジニアやプログラマーとして仕事をしていなくても、ITとは別の分野で仕事をしていても、ITの専門的な知識技術は必ずどこかで使うことができます。

今はITとは全く関係ないように見える農業や飲食関係でも、IoTなどが使われる時代なので、ITとは無縁の業界はなくなると言っても過言ではありません。

特に飲食関係の仕事をしている人達は自宅待機を余儀なくされています。これまで通り食品の勉強をするのも良いですが、マーケティングやITを勉強することで、同じ仕事をしている人達との差別化を図ることにもつながります。

「差別化というと競争しているみたいで嫌だなあ」と思ってしまいます。

しかし、差別化というのは競争に勝つことだけがメリットではありません。

差別化は自分の個性を確立するためのものでもあり、競争イコール潰しあいではなく、競争イコールお互いの成長をするための競争なのです。

つまり、ITはIT業界で働く専門家だけが関わる時代から、IT業界以外で働く人たち、建設業、製造業、食品業界、農業、林業、水産業、物流などの卸売業などすべての業界で働く人たちが関わるあるいは関わらなければならない時代になります。



あなたが今40代これから50代になるなら、下の世代10代、20代に向けて情報発信しなければなりません。自分と同じ40代の方たちに情報発信をしても、ITに関心はあるけど年齢的に体力の衰えがあるからITの勉強まで頭が回らないという人がいるからです。

情報発信はあなたのスキルを上げて人生を豊かにする

コロナによってスキルアップして会社に貢献して給料を上げるという働き方が思うようにできなくなっています。理由は感染を防ぐために何をするべきかに集中しているからです。感染を防ぐための行動に体力を使いきっているので、経済活動に集中できないからあなたの思い通りの働き方ができなくなっています。

それでも、自宅にいる時間が増えていますので、自宅でスキルアップできる方法にシフトしていけば1年後には人生が好転します。

ここまで申し上げたITパスポートあるいはITの学習についてあなたなりに勉強したことを情報発信を継続すればそれだけでも十分にスキルが上がります。

情報発信の仕方は様々ですが、自分の発信した内容を日本語だけでなく、英語で説明してみる、ITの専門用語についてIT以外の業界とのつながりを情報発信してみる、日常生活でITを使って何ができるか考えてそれを情報発信してみるといった方法があります。

逆にITには全く関係しないあなたが生活で豊かになったことをわずか1%でもいいので情報発信することも読む側にとっては貴重な情報となります。

大事なのは継続して考え動くことです。渋沢栄一は500社分の事業とか関りを持つことができたのは思考と行動があったからです。

渋沢栄一は銀行、建設、飲料、保険など生活全般と言えるぐらい様々な業界に関わりました。特定の分野の事業に関わらなかったから時代に振り回されない生き方働き方ができたのだといえます。

私もあなたも渋沢栄一のようにとまでは行きませんが、特にこれといった特技もないしと思うのなら特定の分野の枠にとらわれず様々な世界の情報を集めて自分で考えながら情報を開示する行動をすることがあなたの人生を豊かにして成功できる生活ができます。

まずはIT用語について自分なりに調べてみよう

パソコンでWEBサイトを作る、プログラミングをする、AIを開発するという目的がないならIT用語を詳しく勉強するのが情報配信のきっかけになり、ブログを書くネタにも困らないです。

eーラーニングという用語について調べると、eーラーニングは、パソコンやインターネットなどによる、動画や音声、ネット通信などの情報技術を利用した学習方法です。自分の好きな時間に学習することができ、自分のペースで進めることができます。

子供がeーラーニングをする場合はあるのか? コロナで学校閉鎖になる時期がありました。自宅での学習になり、学校で配布されている教科書での学習は可能ですが、パソコンやインターネットによる授業はできたのか。

e-ラーニングの普及はまだ小学校ではタブレット端末やパソコンの導入が難しいためオンライン授業の普及はあまり進んでいない状況です。また、ITに詳しい講師が少ないので今後講師の増加も課題となります。

このように、e―ラーニングという単語だけでもeーラーニングの意味を知るだけでなく、実際のIT用語が生活にどう生かされているのかを想定して学習する必要があります。

e-ラーニングと本の組み合わせでITスキルを上げる

e-ラーニング授業はパソコンを使った方法が中心ですが、パソコンを使うだけがITスキルの向上ではありません。本を使ってITの知識を身に着けるとともにパソコンを使うことでITスキルが上がります。

私はITパスポートの過去問を解く機会がありますが、問題を解くことでIT用語に対する理解が深まり、実際の生活でその問題を解いて理解したことが活かされるからです。

人口知能(AI)に該当するのはどれか?

1人間の学習、言語理解の能力などコンピューターを用いて模倣する

2実際の環境によるカメラ映像に情報を重ねて表示

3人間の音声をデジタル化、コンピューターへの命令文字入力に利用

4メモリの容量を超える記憶空間を作り主記憶として使う

5仮想現実の世界を作り出す

正解を言うと1番です。

人口知能(AI)に該当するのはどれか?

1人間の学習、言語理解の能力などコンピューターを用いて模倣する これだけでは文字を読んでも実際の生活にどう使われるのかわからないのです。

自分で理解できるように調べてみましたが、AIは例えばアニメを制作する際に、絵を手書きで書く作業を何時間も掛けて行います。それを、AIによって手作業の時間を約6分の1に減らすことができます。

正確には手作業ではなくAI開発した会社が画像変換技術を使って開発したツールを利用し背景写真をアニメのような絵に変換する作業です。

「絵を書くための手作業がなくなればアニメーターの仕事がなくなるのでは?」と思いますが、手作業がなくなる分、アニメのストーリーや新しいキャラクターを考えるための時間を作ることができます。

これからの時代は、手を動かして作業することよりも考える作業が増える時代になります。AIでいままでの仕事がなくなると言われていますが作業形態が手を動かすから考えて創造したものを表す時代に変化するのです。

アニメの仕事も手を動かす作業がなくなるというより、考えて創造したものを手で新しいキャラクターを書くための絵や新たな物語の構成のために考えながら手を動かすことがあります。

つまり、IT業界に関わっていない人にとっては、AIを搭載する際、パソコンでプログラミング技術を駆使するイメージが強いですが、一見、IT業界とは関係ないアニメの世界でもAIは使われています。

AIは、人間のように学習、認識、理解、予測、推論などを行うコンピューターシステムや、その技術のことであり人口知能と言われています。

学習の意味は知識やスキルを習得することなので、絵を描くことは知識、スキルの習得に該当します、認識と理解はアニメの本質、ストーリー、キャラクターを理解すること、予測はどんな絵を見せたら視聴者は喜ぶのかを推測すること、推論はどんなストーリーの展開なら視聴者が喜ぶのかを推理すること、AIはこれらを全て行えるということです。

ただし、予測と推論は人間の知恵が必要不可欠なので、常に人間の力を借りないと質の良い作品は作れません。

AIには、機械学習、ニューラルネットワーク、ディープラーニングという代表的な用語があります。

機械学習は、データを解析して規則性や判断基準を学習し、それにより未知の予測、判断する技術です。

コンピューターが様々な動物の画像を大量に認識して学習することによって、犬と猫の画像が判別できるようになります。グーグルの検索で言えば検索した人物、物、場所などのキーワードによって画像が自動的に検索されます。動物に限らず検索を押して画像をクリックすれば、検索したキーワードに関する画像が自動的にたくさん表示されます。

AmazonやNetflixなど、オンラインショップのレコメンド機能。日常生活に応用された機械学習の例です。レコメンド機能とは表示用タグを設置することで、商品ページやカートページなど各ページ、あるいはトップページなどの静的に作成してページに表示することができる機能です。

アマゾンのデータ解析は購入履歴や商品のレビューのことをいいます。規則性や判断基準は「この商品を買った人は、この商品も買っています」未知の予測、判断する技術は「この商品を見た人は、この商品も見ています」「売れ筋ランキング」「今もっとも見られている商品」「最近見た商品」など、おすすめ商品を表示します。

AIの学習方法は複数ある

AIの用語で機械学習の他にニューラルネットワーク、ディーブラーニングがあります。ニューラルネットワークは脳の神経回路の仕組みを模したモデルです。

人間の脳の中には神経細胞、ニューロンまたはユニットと呼ばれる細胞が、多数張り巡らされてネットワークを構成しています。

この神経細胞に電気信号が伝わることによって、脳内の情報処理が行われています。

実際、ニューラルネットワークを利用してい会社は株式会社ドワンゴがあります。

ドワンゴは普通の言い回しではない表現と絵文字がたくさんあるコメントが使われています。

コメントによって荒らされることを避けるためニュートラルネットワーク、を取り入れることで、人力による目視の負担を減らすことができます。

機械学習と同じようにオンラインショッピング上の画像がある商品検索や音楽ストリーミング配信サービス上のレコメンド機能などがあげられます。

画像がある商品検索はアマゾンで使われています、音楽ストリーミング配信サービスのレコメンド機能は、聴いた音楽の履歴をもとに、サービス側が楽曲やアルバム、プレイリストをおすすめしてくれる機能のことです。

サービス側のレコメンド機能によって、はじめて知るアーティストの曲を聴くことが可能です。

ニュートラルネットワークは農業分野では高齢化により、今後農家で働く人が少なくなります。

農作業をする人が減ってしまい1人当たりの仕事の負担が増えてしまいます。

特に野菜の収穫と仕分けは体力的に負担がかかります。

農家で働く人の負担を減らすために収穫作業をするロボットの研究が進められています。

その中でニュートラルネットワークの技術が活用されています。

画像認証技術を使って重なり合う野菜の検出をしながら効率よく農作業ができます。

ニュートラルネットワークが多層を結合して学習能力を高めた機械学習の方法としてディープラーニングがあります。

ディープラーニングとソフトバンクホークス

ディープラーニングは高精度の分析や認識を可能にした技術です、人間がデータを識別する特徴を定義することなく、コンピュータがデータから特徴を検出して自ら学んでいきます。深層学習ともいいます。

機械学習は人間が手動で学習しますが、ディープラーニングは機械が自動で学習します。機械というのはパソコンですが、インターネット上で存在しているたくさんの画像を学習させて一般の画像がどのような画像が自動で学習します。そこから専門的な画像を追加することで専門的な画像の解析ができます。

ディープラーニングは画像認識、音声認識、自然言語処理、予測、映像解析、異常検知などの技術分野に応用されます。

画像認識は意外にもプロ野球の世界で使われています。ライブリッツという会社が福岡ソフトバンクホークスに野球トラッキングシステムを使っています。

専用のカメラで試合を撮影し、映像をデータ化します。野球のピッチャー、キャッチャー、内野、外野、バッターなどの各ポジションの位置をキャプチャーして、選手が試合中どう動いていたかというのを細かくデータ化します。

特に守備に対してこれまで感覚で各ポジションの選手がどれぐらいの距離を走っていたのかを把握していたのですが、野球トラッキングシステムを使うと各ポジションがどれぐらい動いたのかをデータ化して走った距離も数字で把握できます。

スカパー!プロ野球セット
プロ野球選手は長時間の投げ込み、素振り、走り込みを日々続けます。ソフトバンクは現在3年連続日本一ですが、さらに上の目指すためにプロ野球界でも12球団でいち早くAIを導入したトレーニング方法を取り入れています。

プロ野球チームの練習量が豊富なソフトバンクですが、さらに12球団一のチームを維持するために最新のトレーニングで日々進化を続けます。

ソフトバンクと対戦するパリーグの他の5球団は対戦しても勝つのは難しいですが、逆に言えば競争力が高まり強いチームと戦うことでさらにパリーグ全体が強くなり日本のプロ野球のレベルも進化します。


最近放送しているドラゴン桜も最初は学力があまりない生徒を集めてその生徒同士で勉強を教え合い成長をしていきましたが、途中から確実に東大に入れそうな生徒を入れてさらに競争を高めてあまり学力がなかった生徒の成長を促しました。

Ai技術の進化についていくのは大変ですが、決してマイナスになることはなく、むしろ時代の流れにのるための方法としては最高に良いといえます。

あなたの生活もAIによってあなた自身がさらに成長を遂げ、いつの間にかコロナに対する不安がなくなり、悩みも消えていたと同時に豊かになっていくのです。

IoT技術は車、冷蔵庫、洗濯機に必要不可欠な技術

IoT(Internet of Things)は、自動車や家電などの様々なものをインターネットに接続し、情報をやり取りして、自動制御や遠隔操作などを行うことです。

IoTを利用したシステムには、ドローンやコネクテッドカー(インターネットへの通信機能をもった自動車)、自動運転、ワイヤレス給電、ロボット、クラウドサービスなどがあります。

IoTの実用例としては、インターネットにおけるセキュリティの問題を回避する目的で、サーバーに接続せず、単独でファイルの管理や演算処理、印刷処理などの作業を行るコンピューターがあります。

コンピューターの基本構成は入力、出力、演算、制御、記憶と言う5つの装置で構成されています。

入力装置はデータをコンピューターに入力します。出力装置は、データを表示、印刷します。制御装置は他のハードウエアを制御します。入力、出力、制御装置の機能とデータの受け渡しを行うのが記憶装置の機能です。記憶装置はプログラムやデータを保存します。

演算装置はデータを計算し、制御投資からの指示で演算を行い記憶機能に結果を送ります。

産業分野でIoTに関する主な用語として、スマートファクトリーとインダストリー4.0があります。

スマートファクトリーはIoTなどを利用して、工場内の機器や設備をつないでいる工場のことです。品質や稼働状況などのデータを可視化して把握し、それらを分析することで最適化を図ります。

インダストリー4.0はドイツ政府が推進する技術革新プロジェクトに基づく用語で、第4次産業革命ともいわれます。IoTにより業務プロセスの効率化を図り、スマートファクトリーはインダストリー4.0の根本になります。

IoTの仕組みは、センサを搭載した機器や制御装置などがインターネットにつながり、それらがネットワークを通じて情報をやり取りします。

飲み薬の容器にセンサを埋め込み、インターネット経由で服用履歴の情報を管理することは、IoTの事例として適切です。

IoTは人間がパソコンで入力したデータ以外にモノに取り付けられたセンターが人手を使わずにデータをインターネット経由で送信できるようになります。

モノに取り付けられたセンターによって、ドアが今空いている、工場の中にある機械が調子が悪いと知らせる、植物が水が欲しいと言う、猫の首輪が今トイレにいることを伝えるなどがあります。

ドアの開け閉め、美馬守也介護、機械の状況を知ることでトラブルを事前に防ぐ対応ができます。

モノをインターネットに繋げると計測データ、センターによるデータ、制御データの交換をすることでたくさんの課題を解決できます。

常に人間の目で監視し続ける負担をパソコンで監視し続けることで、自分の時間を作ることができます。

自分の時間を作ることは新たな創作活動ができ、新たな収入源を作るための時間ができます。

これからの時代は新たな商品を考えるのも大事ですが、サービスあるいは心の問題を解決する方法を考えてどうしたら収入になるのかという時間を作る必要があります。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

IoTによるセブンイレブン

IoTの仕組みは普段出入りしているコンビニにも関わりがあります。

特にセブンイレブンはIoTの仕組みを他のコンビニと比べて

いち早く導入しています。

POSという販売時点情報管理システムがあります。

POSはスーパーやコンビニのレジで顧客が商品の支払いをしたとき、リアルタイムで販売情報を収集し、在庫管理や販売戦略に活用するシステムのことです。

セブンイレブンは顧客にお金を入れておつりが自動的に出る機械をたくさんの店舗に導入しています。す

スーパーアークスでも現金を入れると自動的におつりが出る機械が使われていますが、これがPOSのシステムになります。

機械の中にプログラミング言語を入れているから、あらかじめきまった命令を機械に記憶させることで、自動的に店員がおつりを数える負担を機械が変わりに行う方法です。

店員の負担が減るということはレジによる作業が減るので時間に余裕ができます。

時間に余裕ができたらロングテールを考える時間が作れます。

ロングテールは売上アップのカギを握る

ロングテールは、インターネットで商品販売において、販売数が少ない商品でも品数を豊富に取り揃えることで、その売り上げが売上全体に対して大きな割合を占める現象のことです。

ロングテールと呼ばれる由来は、縦軸に販売数、横軸に販売数量の多い順に商品を並べたグラフで、少ない販売数でも商品を多く増やすことで長いしっぽのようになるからロングテールと言います。

コンビニの商品は高くても1000円から2000円ぐらいの商品と10円から1000円の商品の2通りがあります。

単価がそれほど高くないので商品を多く売らないと売り上げが伸びていきません。

実際の店舗では、売り場の広さや陳列棚の数など、物理的な制約によって扱える商品が制限されているため、売れ筋の商品を選別して店頭に並べます。

対して、インターネットのオンラインショッピングでは、実際の店舗のような制約がないため、売れ筋の商品だけでなく、数多くのいりいろな商品を販売することができます。

セブンイレブンは実際の店舗なので、売れ筋の商品をいかにたくさん売れるようにするか、売れない商品でも売れやすい商品にするためにどういう配置や売り方をするかによって、売り上げが大きく違います。

これからの時代は作業を人間ではなくロボットあるいはプログラミングされた機械に任せて、あなた自身はマーケティング活動を生活の悩みを解消させるために何が必要かを考えるために時間をかける時代になります。

つまり、人手不足を解消させるロボットを作るためのプログラミングができるようにITの学習が必要です。

ロッボクラブ 無料体験はこちら

IoTを取り入れるのと同時に経営を考える

IoTやAI、ディープラーニング、機械学習を自社または個人で上手く取り入れることができるかどうかで、これからの厳しい時代を乗り越えることができるかどうかが決まります。

しかし、これらのIT技術を取り入れるだけでは稼ぎ続けながらこれからの時代を乗り越えることができません。

なぜなら、お金の管理、経営について考える必要があるからです。

経営または経営理念があなたの中にありますか?

経営理念はお金を稼ぐために必要なマインドセットであり、個人または企業の活動において指針となる基本的な考え方でもあります。

ソフトバンクの経営理念には情報革命で人々を幸せにするとあります。

創業以来、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進してきました。

人々にとって幸せとは何か、愛し愛されること、日々生きていること、自己実現、笑顔、多くの答えがあると思いますが、幸せとは、感動することと同義であると考えます。

何のために事業をしているのか、何を達成したいのか、一人でも多くの人に喜び感動を与え続けることです。

コンピューターのパフォーマンスは飛躍的に伸び、情報革命の無限のパワーを今後もこの志を原動力に成長を続けます。

ソフトバンクは携帯電話を売っている印象が世間では根強いですが、経営理念に情報革命とあるように物ではなく情報を売っているということに私は物質てきなものをお客さんに売っているイメージから情報をお客さんに手に入れてもらうために形態を売っているという印象が強くなりました。

最近IT用語で出ているDXって何?

DXとはデジタルトランスフォーメーションと言います。

新しいIT技術を活用することによぅって、新しい商品やサービス、ビジネスモデルなどを創出し、企業やビジネスが一段と進化、変革することです。

つまり、デジタル時代に対応した変革ですがあるアメリカのコンサルタントはDXの70%は失敗すると言います。

シアーズ、メイシーズ、ニーマン・マーカスのような百貨店業界の並み居る有名な会社とティファニーやハーレーダビッドソンもDXに成功したとは言えないと言います。

DXは変革するための技術なので新しい時代への変革は、成功する確率が低いので、これからコロナが収まるころに変革の成功がしやすくなるのではと思います。

苦境に立たされている新聞業界の中でワシントンポストは業績を回復させました。

デジタル版紙面の表示速度や動画との連携を強めるために、ワシントンポストを買収したアマゾンのジェフベゾス氏は、技術陣を3倍に強化し、新聞出版業界用のプラットフォームを業界向けに販売し、年間1億ドルの収益を上げました。

 

フィンランド式教育メソッド

フィンランド式教育は個に合わせるという教育方法があります。

具体的には子どもの勉強の理解度に合わせて授業を進める方法です。

日本の場合は次へ次へと授業を進めて知識を増やす授業です。

フィンランド式教育は子どもに1つの問題を深く掘り下げるように議論をしながら答えを出す授業をしています。

学校では学べないフィンランド式教育

日本の学校ではフィンランド式教育をするのが難しいです。

理由は日本の学校は1クラス約40人、フィンランドは1クラス10人いるかいないかなので、フィンランド式教育は思考力を鍛える教育中心のため1クラスが多い日本では1人の教師で行う場合どうしても知識を詰め込む教育をしないと授業がすすまないのです。

1クラスの生徒の数が多いと詰め込み教育になってしまう理由は、詰め込み教育は1つの問題に対して1つの答えを出せば正解になりますが、その問題をたくさん作るためには答えを暗記しないと次の問題に進まないので、知識を詰め込むだけの勉強になってしまいます。

また、思考力を鍛える授業は1つの問題に対し複数の答えになる場合があります。複数の答えになる理由は、正解を出す方法を複数出していくと1人1人の生徒が自分で考えて答えを出す力がつくからです。

逆に複数の答えがあると次の問題に進みにくくなり1クラス約40人いる生徒の授業で1人の生徒に様々な答えを出す方法を考えさせると授業の時間が足りなくなり知識重視の授業をやらざるを得ないからです。

フィンランド式教育メソッド STEAM教育は子どもが夢中になれる勉強ができますので一度ご覧になってください。


 

 

引き寄せと感謝で仕事運、金運アップ

 

地道で大変な勉強を続けるには体力が必要

勉強するには体力が必要ですが、実際勉強に集中するとどうしても体を動かす時間が取れないあるいは取る意識がなくなってしまいます。

また、体に疲労が溜まり余計に体を動かす機会がなくなります。

勉強に集中しすぎると病気のリスクになりますので疲労を取るための体づくりが必要です。

体の疲労を抜くポイントは体を伸ばすことです。

おすすめの書籍は気分爽快 身体革命DVD 胴体力!伊藤式 [ 伊藤昇 ]です。

人間は日常生活で体が萎縮してしまいます。

体の萎縮をなくさないと怪我、病気につながります。

逆に体を伸ばす方法を続ければ怪我病気のリスクが減ります。

コロナになってからうつ病になる人が多いのも

体の萎縮が関係しています。

ストレスが少しあるとそれを放置して

時間が経つにつれて体が硬くなり疲れが抜けなくなります。

そのために体を伸ばすことが必要なのです。

怪我病気になりやすい体は体が萎縮するだけでなく、

筋肉量の低下も怪我病気の元になります。

怪我病気をなくすための筋トレが必要です。

はじめての 男の自宅筋トレ マニュアル ゆるんだ体型をこっそり引き締めるための本 [ sexyfitness ユウジ ]

は筋トレ初心者から経験者でもわかりやすくリバウンドしないダイエットでも最適です。

44歳の私、パーソナルトレーナー「ユウジ」のお腹が6つに割れているその方法を公開します。

(44才 体脂肪率7%)

「シックスパックビルダー」はアスリートなみに運動をしている人ではなく、
日頃デスクワークでなかなか運動する時間がない、座っているからこそお腹に問題を抱えている人に対して問題を解決するよう組まれたプログラムです。

大手スポーツクラブで13年連続で指名数全国1位のパーソナルトレーナーだからこそ知っている秘訣を詰め込んだプログラムです。

運動の考え方と、食事のあり方を学んで、正しい知識を得ることでブレない自分を作り、結果を出せるようにしていきます。
そして一人暮らしの男性でも体脂肪が燃える食事を取れるようコンビニや外食でのメニューアドバイスも行います。
エクササイズはPDFと動画の両方で分かりやすく説明してあり、6週間のプログラムになています。

PDF教材156ページ、動画約60分
付録PDF教材2つ
6週間のメールサポート(回数無制限)

で、とことん応援していきます!

私については
http://www.sexyfitness.biz/
に詳しく書いてあります。

筋トレと同時に無添加の食事をすることで健康になれる

適切なトレーニングをして添加物の入っていない食事をすれば、

理想の身体に近づくことはわかりますよね?

でも、トレーニングのやり方は分かったけど、

食べ物はどこで買えばいいのかできればネットで

簡単に無添加のものを手に入れたい。

そんなあなたにお勧めはオイシックスを利用することです。

私は現在札幌在住ですが埼玉で一人暮らししたときは

オイシックスを利用しました。

それまで納豆を32歳まで食べれなかったのが

オイシックスの納豆を食べてから他の納豆も食べられるようになりました。

もちろん、他の野菜、米もスーパーで買うより効率的で

それほど高くありませんのでお勧めです。

有機野菜や無添加食品、環境に配慮した雑貨をお届けする会員制宅配サービス
東京・千葉・埼玉・神奈川を中心に展開。できるだけ農薬を使わず野菜を作る人
と、おいしくて安心なものが食べたい人を結ぶ、市民NGO企業として、42年間歩み
続けてきました。

『フード・マイレージ・キャンペーン』や『100万人のキャンドルナイト』などNGO活動
は多くの団体・企業・個人の賛同を得て、大きく広がっています。

食を通して「食べる」「知る」「楽しむ」、それは『自然とちゃんと向き合う生活-オー
ガニックライフ』につながっていくでしょう。
さぁ、あなたもいっしょに始めませんか?まずは「お試し野菜セット」からどうぞ。